費用の安さは業者選びで決まる|お得に引越しする方法について知ろう

男女

それぞれの特徴

婦人

現在では様々な引越し業者が全国に存在しており、その中でも大手業者と中小規の業者に分かれています。そのため、それぞれの特徴について知り、業者選びに役立てるとよいでしょう。

詳しくはこちら

費用を安く抑えるには

女の人

引越しをする人の中には、家族揃って行なう人や単身で行なう人など様々なです。そのため、業者を選ぶにも状況に応じたところを選ぶ必要があるのです。それにより、引越し費用を安く抑えることが可能です。

詳しくはこちら

業者選びのポイント

片付けをするカップル

引越を決める時のポイント

引越し業者を手配する際に、一括見積もりサイトを利用すれば簡単に複数の業者に見積もり依頼ができて、簡単に料金比較できるのですが、安ければ安いというのがいいわけではなく、きちんと確認しなければならないポイントがあります。もし、運搬中に荷物が破損したり紛失となってしまった場合ですが、それはどこまで補償されるのかということです。大手引越し業者であるとその点は、きちんと補償内容やサービスもしっかりしていますので問題はないのですが、単身だと中小規模や個人での業者のほうが断ぜん安いので、このような業者に依頼した場合でもきちんと補償は受けられるのかどうかを確認することです。それは、標準引越し運送約款を確認すれば分かります。

単身なら料金を安くしやすい

単身での引越しであれば料金を安くしやすいです。それほど荷物の多くありませんので、ダンボールも5個から10個の範囲で収まり、梱包は自分ですることで安くできます。ダンボールは、近所のスーパーや電気屋、ドラッグストアなどダンボールを使うことが多い業者などで無料でくれるところもあります。また、単身であれば時間の融通が利く方が多いです。特に学生の引越しや単身赴任の方などです。引越し業者に作業にきてもらう時間帯ですが、午前中はどうしても依頼件数が多く混み合うので割高になってしまいます。それを午後にずらすだけでも安くなります。さらに安くするには時間帯を指定しないことで、引越しの料金もそこからさらに割引になります。このように業者では様々なプランが用意されており、プランの内容によっても費用が異なってくるのです。業者に引越しを依頼する際には、きちんと費用やサービス内容などを調べてから依頼するようにしましょう。

梱包資材を用意しておく

室内

引越しを安い価格で押さえるポイントとしては、自分で梱包資材を調達しておくということです。近隣のスーパーにダンボールが置いてあることが多いので、引越しに間に合うように集めておくことが必要です。

詳しくはこちら